SHUGEN STYLE

祝言式

日本古来の伝統を大切にした
家族の絆を深める和の人前式

江戸時代から昭和初期まで、庶民の結婚式スタイルとして行われていた「祝言」は、
家族に囲まれ自分たちの結婚を列席者に承認していただく挙式です。
セントジェームスクラブ迎賓館オリジナルの「祝言式」は長い歴史を持つ和室で執り行います。

『祝言式』の流れ

古来日本では、花嫁は生まれ育った自宅で仕度をし、新郎の家へと向かいました。
ご挨拶するときは、座布団は敷かず、畳の縁を避けて末広を置き、両手でご挨拶します。
今まで育ててくれたご両親へ、感謝の気持ちを伝える感動的な場面です。

昔は花婿の自宅で祝言を挙げるのが一般的でした。
玄関に入る前に、お母様に手を引かれて向こう三軒両隣に挨拶回りをしてかれ、婚家に入りました。
お母様の手から、花婿のお母様の手へ。
こうして家と家が繋がれていきました。

床の間を背に新郎新婦が座ります。
三々九度の儀式をしたり、白屛に書いた誓いの言葉をお互いに読み上げたり、祝言には決められた式次第がない為、おふたりのご希望に合わせて進行をお決めいただけます。

時代は変わりゆきますが、ご家族への感謝の心を大切にする気持ちは、今も変わらずにあることでしょう。
【祝言式】はそんな、家族を想う“心”に寄り添った挙式スタイルです。