CUISINE

大切な方をおもてなしする、和の薫るフレンチ懐石

情才氣喜

受け継いだのは、“料理の向こうで食する人”を想う心。
シェフはもちろん、スタッフ一人ひとりが、食する人の気持ちに届くお料理を
心を込めておもてなしいたします。

PARTY SPACE

和の薫る、繊細なフレンチ懐石

日本人が昔から大切にしてきた和の素材と技法に敬意を払い、一品一品丹精込めて仕上げる「もてなし料理」。
160年間地元で愛された仙台ホテルの伝統を引き継ぐ料理ともてなしの精神を大切にしてきた名誉総料理長の蒲沢氏が、全国から取寄せた旬の食材を使用し、 四季折々の訪れを一皿に閉じ込める、こだわりの一品。
受け継がれる創作の精神で、特別な一日に粋な彩を。

シェフが大切にしたいもの
それは“おふたりらしさ”

「結婚式のお料理は、おふたりからゲストへのおもてなし」
その言葉のとおり、趣向を凝らした素材の数々に、おふたらしさを加え、特別に仕立てたおもてなし料理をゲストに届けています。
「おもてなし」と「オリジナリティ」を融合させ、当日その料理を召し上がったすべてのゲストにふたりらしいおもてなしを受けた・・・と感じていただくことを目指してます。